メニュー
予約する
fr en pt it jp zh 電話番号 +33(0)143293150 アクセス Paris
X

オデオン界隈を散策してください

当ホテルの目の前

hotel-paris-6eme-arrondissement

ホテルからすぐ近くのオデオン界隈は、パリの魂を発見するのに理想的な景観です。モンターニュ・サント・ジュヌヴィやサン・ジェルマン・デ・プレに接するこの界隈は、若々しくアニメーションで盛り上がったり、知的な生活とリラクゼーションを楽しめたりします。 バー、レストラン、カフェコンサート、映画館、劇場… 多くのアクティビティが集結するオデオンの交差点には、ダントンの像が立っています。 

交差点からコメルス・サンタンドレ中庭に行けます。 不規則な小石が並ぶ小路には、フィリップ・オーギュストの城壁が残り、昔ながらの看板を掲げる店とレストランが並んでいます。その中に、1688年にオープンしたパリで最も古いカフェ、ル・プロコップもあります。すばらしい天才がそこに集まりました。 ラ・フォンテーヌ、ヴォルテール、百科全書の編集者であるルソーやボーマルシェがテーブルを囲いました… 革命の際にはマラー、ダントン、ロベスピエールとナポレオンが、その後にはミュッセ、ジョルジュ・サン、ヴェルレーヌなどが常連でした。

当ホテルの反対側にあるオデオン広場は、1779年にホテル・デ・コンデの敷地内に建てられました。落ち着いた洗練されたファサードの建物が半円形の広場を飾っています。 1番地にはカフェ・ヴォルテール(1779年〜1956年)があり、多くの作家の出会いの場でした。 ドラクロワ、ミュッセ、ヴァレス、ヴェルレーヌ、マラルメ、ロダン、ジッド、ヴァレリーなど多くの人々がここに足繁く通っていました。広場の主役は、言うまでもなく、劇場です。王の命令で1782年に、フランスの喜劇役者のために建設されました。この新しい劇場は、その時代のアンティーク調で作られ、後にテアトル‐フランセーズと呼ばれるようになりました。1782年4月9日、マリー=アントワネットの臨席のもと開館しました。ボーマルシェのフィガロの結婚の初演(1784年)や、大陸初の英語でのシェイクスピアの作品の上演(1827年)が行われました。

長い年月を経て、場所を変えずに今日も営業しているヨーロッパの最古の劇場‐モニュメントとなりました。伝統的な場所であるオデオン座は、その時代の作品を常に上演してきました。60年代、バローが、ベケットやジュネといった作品をここで生み出しました。そして、1983年には、オデオン座はヨーロッパ劇場の本拠となり、ジョルジュ・ストレーレルが監督を務めました。現在は、ステファン・ブロンシュウェイグが主導しています。彼は、オデオン座を舞台制作の主要な場所にするだけでなく、ヨーロッパ大陸で上演されている劇場芸術をすべての観客に楽しんでもらうことを目指しています。

月の最良価格:

最良価格でご利用可能

残り1部屋

ご利用いただけません

最低滞在日数

到着時は閉館

出発時は閉館

お客様の滞在:

宿泊数:

 

他のサイト:

ご利用いただけません

見積総額:

ご利用いただけません